Day 17: Kakunodate (Akita) – Iwaizumi (Iwate) 134km

100903 Day 16 Kakunodate IwaizumiWe woke to a exceptionally hot morning, slightly overcast, but generally fine.  We made the most of the sun/heat to dry out the futons that had the beginnings of the odour of mould.  I found a nice room inside the michi-no-eki (that was air-conditioned) so I sat down for breakfast and to work on photos/blog.  Next things I knew, it was pissing down rain.  Proper heavy rain.  Luckily Risa had the foresight to put the futons back inside the van before we went for breakfast…  I learnt a new word this morning,  ゲリラ豪雨 (Guerrilla Rain) sudden, violent rain.  Indeed.

Our original plans were to ride around the old centre of Kakunodate to see the old samurai/merchant houses on the ‘cub.  I’m not too keen on riding a bike in the rain, so we were going to scrap the idea, until the weather improved…

Kakunodate KakunodateKakunodateWe drove near to the centre of town and parked the Delica (which I still haven’t thought of a name for yet…), rolled the ‘cub out and started cruising around town (after some guidance from the Information Centre).  Soon enough we were on a wide, beautiful, tree-lined avenue.  All along the street were old style houses (some original, some recreations, some modern).  I was quite surprised to hear that ancestors of the original clans still live in some of the houses (including the Ishiguro one that we went inside of).

KakunodateKakunodate

It’s nice to see some of the ancient Japan, as there is little/none of it in Hokkaido.  Risa especially loves to see it for this very reason.  It feels like real Japan.

We spent about an hour and a half walking around, taking in the ambience of the area before we jumped back onto the ‘cub to dock with the Delica.  It’s only a 5 minute roll-on/roll-off procedure to get the bike in/out the van (I have to do it every night to sleep), so it’s no hassle at all.

Iwaizumi IwaizumiWe were to roughly head to Morioka, via a small gorge and Lake Tazawa.  The weather was still… unpredictable (and we were exhausted), so we didn’t venture too far down the gorge trail before returning to the car (just as the guerrilla rain attacked again).  The weather was still horrible as we drove past Lake Tazawa so we gave it a miss and continued on to Morioka.

In Morioka, there is a famous food (eating ritual) called wanko soba, (which I’m guessing is a contraction of one-cup soba?) that is a bit of a competition to see how many tiny bowls of soba you can eat.  I was keen to see where I ranked on the tiny-bowls-of-soba-eating tables, but when I found out that it was about ¥3000 I decided to give it a miss.  I’m keen to try it, but not that keen.  Not being able to find much in Morioka to interest us (that other towns further south can’t do better), we decided to head on towards a cave that Risa wanted to visit.  I was feeling exhausted (as was Risa) so I wanted to have an early night (and didn’t want to walk around any more).  Kind of feels like we shouldn’t have just skipped Morioka, but we don’t know how much time we have, and would hate to waste a day there and miss time in Shikoku/Kyushu/Okinawa because of it.  We’d been invited to a big nightclub party that was happening tomorrow night, but we didn’t have the time/money or energy for it.

Drove about 90 minutes east of Morioka towards the caves in Iwaizumi to a nearby michi-no-eki for the night.

17日目 協和—三田貝分校道の駅

今日も暑さで目が覚めた。 車のサイドドアを開けてみるも暑い、、30分程まだ寝ていたかったけど、暑さに負けて車を出てみると、、、あれ、、意外と涼しい。 身支度を済ませるとロスは、道の駅何にある休憩所で涼んでいた。今日は、涼しいとはいやはり暑い。クーラーのきいた室内で朝食をとっていると、ゲリラ豪雨が。  がーん。  古い武家屋敷が並ぶ細い道が多い角館は、カブで散策するには、すいすい最適なので今日は、久々のカブ乗り楽しみにしてたのに、、、あーあ。 まぁ、そんなこともある。 角館に向かう20分程の間にもなんども雨、晴れをくり返していたが、ちょうど到着するころには、黒い雲はまだあるものの、青空が出ていた。ビジターセンターで地図等をゲットし、一か八かでカブで回る事に☆

武家屋敷がある地域は、おもったより狭く、町のほんの一部1km以内だった。ほとんどは、お土産屋さんやうどん屋さん、この地域の名工芸品の桜皮細工店だが、私たちが訪れた築200年の偉いお侍さんが住んでいた武家屋敷(石黒邸)は、今でも12代目の亭主が公開はしていない屋敷の部分で今でも生活しているというのが、歴史の浅い北海道からきた私たちには、とても驚かされ、なんともうらやましいと思った。  カブを停めてぶらぶらしている間も何度か通り雨にはあたったが、それほどひどくもなくカブ移動で大正解だった。     樹齢300年のもみの木やしだれ桜、もみじの葉が青々としていてとてもキレイだったが、これが春の桜の時期や、紅葉の時期にはさぞさぞお美しい姿を見られるのだろう。   先ほど言ったように、エリアは、思ったよりもかなり狭いので半日もあればほぼ見れてしまう。

角館をはなれて、今日の目的地である盛岡の途中でもあるので、抱き返り渓谷とう変わった名のついた渓谷に足を運ぶ事に。

ここは、角館にあったパンフレットで見つけたのだが、紅葉がとてもすばらしい渓谷らしい。  残念ながらもちろんまだまだ紅葉の季節ではないけれど、写真にもあった川にかかる赤い吊り橋までとりあえず言ってみる。

川の色は、きれいな濃い緑色の部分とうす水色のとてもきれいな水。川の石は、これまた見た事のないような色々なタイプの緑からトルコ石のような様々な青系石がありとても興味深かった。 遊歩道をもう少し進むと滝があるらしかったが、ここ数日間に滝を見すぎた&なぜか今日は二人ともすごく疲れていたので、そそくさと退散し盛岡をめざす。

ロスは、わんこそばに挑戦する気まんまんだったが、3000円は最低でもかかるとわかり、それならもっと美味しいものをどっかで食べた方がいいという結論になり、そして天気もいまいち。色々調べてもあまり魅力的なスポット等もなく、車泊できる道の駅もないので、盛岡は結局ユニクロとスノボショップを見て離れることにした。 意外な結末だった。 あ、ローソンでパスタも食べた。 あさりと山菜の和風パスタ。 ちょっと気になって今日やっとたべてみたら、、、激マズだった、、、あぁ残念。

盛岡からは、ずっと訪れてみたかった龍泉洞付近の道の駅三田貝分校へ。

今日は、早めに宿となる場所に付き、明日以降のルートなどを考えたりなどなど、夜は久々にゆっくり時間がありそう。

それでは、ぐっな〜い☆☆

← Previous post

Next post →

1 Comment

  1. 角館いったんだぁ~~ いいなぁ~♪

Leave a Reply